∞(むげん)ペリペリ トップページへ 商品紹介 キャンペーン ペリペリおもしろ企画!? ムービー
ペリペリ。世界最大!?の巻

2008年9月5日

バンダイ本社に一本の電話がかかってきた。
なんと、世界最大級のペリペリを作成できるとのうわさをかぎつけたと
∞ペリペリ企画に協力を頂いていた、「かみの工作所」の山田さんからの電話だった。
かみの工作所」とはデザイナーが集まり紙を使ったさまざまな作品をつくる、
いわゆる紙のプロ集団だ。山田さんはそのトップを勤める。


2008年9月9日

お昼を食べ終え、メールをチェックしてみると、新着メールが来ていた。
もちろん山田さんからだ。
早速世界最大級のペリペリが作成中とのこと。
これは期待できる。
かみの工作所・山田さん
かみの工作所・山田さん
スーパーマシーン

2008年9月12日

世界最大級を目指すには、それなりの機械が必要とのことで、
機械を紹介してくれた。これはすごい。
パソコンから与えられた指令を的確にアウトプットするスーパーマシーンだ。
世界最大級ペリペリのために作られたといっても過言でない。

2008年9月24日

撮影当日
山田さんに案内されたのは、神奈川県にある家具や紙を
扱う「株式会社スルガ」の工場。一歩入れば、見たことが
無いような機械や紙がそろっている。ドアの向こうに
世界最大級のペリペリがおいてあると聞き喜びを隠せない。

ドアを開けると、そこにはすさまじい大きさのペリペリが待っていた。

あまりの興奮にすっかり写真を撮り忘れてしまったが、大人4人でやっと運べる大きさのペリペリを想像してもらいたい。
巨大だ。

室内での撮影は無理だと判断した一行は、慎重に外へと運んだ。
外でもこの大きさとは相当でかい
早速、広げてみた。。
すさまじい大きさのペリペリ
巨大ペリペリを広げてみた
30分以上かけ、やっと広げ終えた。
すさまじい大きさだ。立派なサラリーマン達も小さく見えてしまうほどだ。
ちなみに、僕(田中)は横にねっころがり喜びを表してみた。

広げ終えてすることはただ一つ。


この世界最大級ペリペリを
ペリペリするだけだ。
ファーストペリペリはやはり
山田さんにぜひともやって
いただきたかった。
慎重に。。慎重に。。


ペリ!


という音を期待
していたところ、
ペリではなく、

ドゴン!という
低音の聞いた音がした。
これは
世界最大級ならではの
貫禄のある音だ。

思わず笑みが
こぼれる。
ファーストペリペリ
男性一人分を超えるペリペリ
3〜4ペリしてから改めてその大きさを実感。スーツ姿の男性一人分を超える大きさだ。

このままペリペリを全部するのも
検討したが、ここでスルガ株式会社様
よりとある提案が。

「あの・・・箱にしてみませんか?」

「箱!?」

だれもがそう思ったであろう。
この大きさのものをどうやって箱に。。。

と疑問だらけではあったものの、
「しばらくお待ちください。。」
とのことで
冷房の効いた部屋で待つこと15分。
「出来ました。」


「で、でかい。」


も、もう一度。。。
「で、でかい。」



隣のリフトカー
と比べても
その大きさに
圧倒される。

気付けば
これをめくって
しまおうという
すごい企画へ
となっていた。
で、でかい
巨大箱ペリペリのファーストペリ
あまりの大きさに
おそるおそる
ファーストペリを・・・。
するとなんと!!
中から人が!!



こ、これは
僕の上司亀田さん
ではないか!


とんだサプライズに
動揺を隠せなかったが
上司の亀田さんは
満面の笑顔で手を
振ってくれました。
中から人が!!
記念撮影
ということで、
今回の世界最大級ペリペリ企画は
大成功に終わりました。

最後に、
この企画を実現させてくださいました
株式会社スルガの皆様との
記念撮影です。


ありがとうございました。




今回ご協力いただいた
(株)スルガのホームページ
http://www.suruga-corp.co.jp/
株式会社スルガ
ペリペリ。世界最大!?の巻 次のページへ
[ PERIPERI Menu ] 商品紹介 | キャンペーン | ペリペリおもしろ企画!? | ムービー |  TOP
Copyright (C) BANDAI CO.,LTD.2008 All Rights Reserved.